医師が転職する際に、どのような媒体を利用して転職先や求人を探していくのか、これは非常に大きなポイントとなってくるでしょう。
求人の探し方や情報の集め方一つで結果が変わってくるのが転職活動というもの。
付け加えるのであれば、それによって医師人生やキャリアプランにも大きな影響を与えるということです。

専門コンサルタントのサポートを受ける

転職先や求人のベストな探し方を敢えて挙げるとすれば、専門コンサルタントに相談し、サポートを受けるという方法でしょう。
コンサルタントとは、医師転職のための人材紹介会社(エージェント)に属しているアドバイザーのこと。
キャリアコンサルタントと称されることもあり、医療業界や医師転職に非常に詳しく多くの情報を持っていることが特徴です。

医師であれば、具体的に転職を検討していなくても相談することが可能。
「漠然と転職を考えている」あるいは、「転職しようかしまいか迷っている」、そんな人でも丁寧に相談にのり、そしてアドバイスや情報提供によって悩みや不安をクリアにしてくれるのが、この専門コンサルタントなのです。

相性の合う医療施設を紹介してもらい転職後の失敗のリスクを減らす

もし転職の意志が強いのであれば、医師のキャリア、要望、経験、こうしたものを考慮しながら相性の合う医療施設を紹介してくれます。
もちろんこれもコンサルタントの役割であり、受けられるサービスの一つ。

医師が自ら求人情報を集める方法との決定的な違いは、非常に高い客観性があること。
特に若い医師はまだまだ狭い視野で自分自身のことや専門分野を眺めていることが多く、しかし、キャリアコンサルタントは医療業界やその専門分野のことも広い見地から眺めることに長けているため、医師個人の市場価値やニーズなども的確に見極めた上で求人とのマッチングを行うことができるのです。

つまり、相性の良し悪しの判断が正確であるということ。
転職後の失敗のリスクも、自分1人で求人を探す方法よりも、ずっと抑えることができるでしょう。

転職前に応募先医療施設の特徴、内情、傾向などを事前に情報として提供してもらえるのも大きなメリット。
これもやはり自分1人では得られない情報であり、転職後の後悔を、より無縁なものとしてくれます。

積極的に相談してみよう!

これ以外の求人の探し方をわざわざ選ぶ必要はありません。
コンサルタントに相談するのと並行して他の探し方も試してみるという考え方はなくはありませんが、コンサルタントのサポートを受けないという選択肢はないでしょう。

医師転職を成功させるためにはまず選ぶべき媒体となりますから、少しでも転職が頭をよぎったのであれば、積極的に相談してみることをおすすめします。