転職をすることで現在の状況から抜け出すことができる

20代という若い段階で転職を決めたということは、そこに何らかのメリットを感じ、それによって医師人生が良い方向へと進むと確信しているのでしょう。

その一方で、職場を変えたいと漠然と思ってはいるけれども、一体どれだけのメリットがあるのかわからない、そんな若い医師もいるかもしれません。

現在の状況に満足している20代の医師は、どのくらいいるのでしょうか。
特に医局に属している医師は、自分の本当に学びたいことが学べているとは感じることができない毎日を送っており、しかも当直などの連続で体も心も疲弊しきっているところでしょう。

職場を変えれば、そのような状況から抜け出すことができます。
医師を募集している医療施設の中には求人に「当直なし」、「オンコールなし」などと記載されているものも少なくなく、そうした医療施設を選択すれば、少なくとも過酷な勤務状況からは脱することができるはずです。

若いうちに転職をするメリットとは

若いうちから多くのことを経験できる、これも転職のメリット。
やはり1つの医療施設では、学べることそのものの幅が限定されてしまいます。
大学病院であれば症例数も多く、医師が腕を磨くのに最適な環境も整ってはいますが、それでも、その範囲を超えた症例や診療を経験するのはなかなか難しいもの。

病院でもそれぞれに個性がありますし、新しい職場としての選択肢に診療所やクリニックなど個人が経営している医療施設もピックアップすれば、よりその幅は広がっていくでしょう。

とにかくさまざまな幅の広い経験を積みたいと考える20代の医師にとっては、早めに職場を変えることでその思いが叶えられるのではないでしょうか。

20代ではまだそこまで経験を積んでいるとは言えませんが、もし才能があり、それを現場で遺憾無く発揮できるほどの腕前を持っているのであれば、転職することで収入アップにもつながるかもしれません。

経験の浅い医師に高い報酬を与える病院や診療所はほとんどありませんが、そのスキルが認められれば話は変わってきます。
新たな職場でその能力を見せつけてからにはなりますが、早々に受け取れる報酬をアップさせ、同年代で医局にとどまっている医師と比較したとき、かなり多くの収入を得ることも不可能ではないでしょう。

もっと言えば、自らの能力がどれほどなのか、これを職場を変えることで測ることもできます。

自分に強い自信があり、他の20代の医師よりも能力が上であるという自負があるのであれば、より転職することのメリットが大きくなるはずです。