一般企業では、20代の転職は決して珍しいことではありません。
むしろ、この年代の市場価値やニーズはとても高いと言われています。
しかし、こと医師に限って言えば、20代は経験が浅く、まだまだ一人前とは程遠いと見られることが多いでしょう。

そうした事情があるがゆえに、20代の医師は勤務する医療施設を変えることで被るデメリットが多々出てくる可能性もあるのです。

20代医師の転職は悪いイメージを持たれるケースも

医師が20代のうちに大学病院などを飛び出して別の医療施設に移ると、一方的に悪いイメージを持たれてしまうことがあります。
スキルアップやキャリアプランのことを考えているなど本人にとっては非常にポジティブな行動であるにもかかわらず、周囲にとっては、「医局から逃げた」、「若いのに楽をしようとしている」などというイメージが先行してしまう、そんな可能性も否定はできません。
そうなると少々厄介。自身を受け入れてくれる医療施設を見つけるのにも苦労するでしょう。

周囲から止められたにもかかわらず強引に大学病院などを出てしまうと、その後の人間関係にも悪影響を与えてしまうかもしれません。

自ら上手にフォローができればそうしたリスクは回避することができるものの、20代の医師の場合にはこのようなケースがある可能性も頭に入れておく必要があります。

転職してみたら想像以上に厳しい環境で離職してしまうケースも

スムーズに転職できたとしても、移った病院や診療所が想像していたものと異なれば、不満や不安などが出てくることも考えられます。

収入が上がると思っていたが、若いが故に思っていたような高待遇が受けられなかった、経験が積めると期待していたが、若いが故にサポート役が多く想像していたような経験が積めなかった、そんな事態にもなりかねません。

これではわざわざ勤める医療施設を変えた意味はなく、キャリアにとっても大きなデメリットとなってしまうでしょう。

研修期間によって、20代であってもある程度の基礎はできているはずですが、それでも外に出てみれば自らの未熟さを痛感し、自信喪失の恐れがあることにも触れておきます。
実際に外の世界を体感すると、おそらく想像以上に厳しいものに感じるはず。
それに押し潰されてしまう若い医師も多く、若いうちの転職にはそのようなリスクもあるのです。

勢いで転職してしまう前に慎重に物事を進めよう

20代の医師は、それ以上の年代の医師と比較しても、勢いで職場を変えてしまうことがあります。
そのようなケースでは、後悔する率もとても高く、もう少し慎重に物事を進めていくべきだったと悔いる若い医師も少なくありません。

上で挙げたようなリスクやデメリットも考慮しながら、自らの転職の意志が本物かどうかを再確認する作業を忘れないようにしてください。